SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ニューノーマルのミドルマネジメント

SUNDRED留目氏が語る、企業の垣根を越えて新産業を生み出す“社会人”と“マネジメント”

第1回 ゲスト:SUNDRED株式会社 代表取締役 留目真伸氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

オペレーション・エクセレンスの強みと弱み

小関:『ヒトデはクモよりなぜ強い』という中央集権型の組織と分散型の組織を、それぞれクモとヒトデに例えて考察した組織論の本が2007年に出版されました。私はそれをDELLにいたときに読んだのですが、その中で、“中央集権型”は、実務を遂行し、トップの言葉をミドルマネジメントが翻訳してメンバーに伝えることで、一貫性を持つことだと語られていました。まさにDELLで実行してきた“オペレーション・エクセレンス”を指しているのだと感じました。

留目:DELLではそれを死に物狂いでやっていましたよね。私はそれをレノボでもやり続けたわけです。オペレーション・エクセレンスにはものすごい破壊力があって、瀕死の状態にあったIBMのPC事業を蘇らせたのは事実です。また、それを実行する過程で身についたものも多いです。KPIを設定して、“機械”のように組織を回していくことで、やり抜く力や現場力、物事を動かす力はついたと思います。ただ、それだけでは新しいものは生み出せないんですよね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ニューノーマルのミドルマネジメント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング