SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

両手を使ったプロトタイピング思考

頭と手を「交互」に動かすプロトタイピング、「同時」に動かすプロトタイピングとは?

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

デザイン思考におけるプロトタイピングの定義を考える

 なぜこれらの2種類のプロトタイピングを取り上げたかというと、IDEO創始者のデイヴィッド・ケリーが称している「両手を使った思考」というプロトタイピングの定義[1]について、改めて考えるためです。

 私はこの定義がとても好きで、プロトタイピングを一番シンプルに表現する言葉だと思っています。ただ、シンプルが故にとても抽象的で、捉え方によってさまざまな解釈ができてしまう、とも思います。私たちはこの言葉をどう解釈して、プロトタイピングをしていけばいいのでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
両手を使ったプロトタイピング思考連載記事一覧
この記事の著者

加藤 夏来(カトウ ナツキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング