Biz/Zineニュース

TIS、ローカル5G無線局免許を取得 豊洲拠点で検証や事業開発を目指す

 TISインテックグループのTISは、総務省関東総合通信局より、Sub-6、スタンドアロン(SA)構成でのローカル5G無線局免許の取得を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ローカル5G

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISでは、社会実装が進むといわれるSub-6、SA構成の5Gを活用できる検証環境を整備するため、2020年度より自社オフィスでのローカル5G基地局の立ち上げを進めてきた。ローカル5G無線局免許を取得したことで、今後、様々な顧客やパートナーと共に5Gを活用した新サービス、新技術の検証・実証をおこなっていくという。

 ローカル5G基地局は、TISが2021年6月に正式開設する豊洲オフィスに設置し、ローカル5G、Wifi-6等の最新無線技術、AI、XR等の最新テクノロジーを活用できる共創型ラボ施設の立ち上げも予定している。

 また、TISは東京都より5G技術を活用するスタートアップ企業を支援する「5G技術活用型開発等促進事業」の開発プロモーターとして採択されており、スタートアップ企業の5G技術の検証環境としてローカル5G環境を提供し、5G技術を活用した新ビジネスの立ち上げを支援するとしている。