セミナーレポート Biz/Zineセミナーレポート

花王DX戦略推進センター田中氏が語る、“活躍想像図”からバックキャストするDXの設計図とは?

Biz/Zine Day Summer レポート vol.02

 Biz/Zine Day 2021 Summerから、花王DX戦略推進センター・田中剛氏による講演をレポートする。田中氏はDXという言葉が流通するはるか以前から同社のデジタル戦略を牽引してきた。デジタル技術を活用して既存ビジネスの革新を進める上でのポイントはどこにあるのか。2021年2月にリリースしたWeb製品カタログの大幅リニューアルプロジェクトを例に、消費者サービスの向上と社内業務改革の両面からDXを語った。

[公開日]

[講演者] 田中 剛 [取材・構成] 鈴木 陸夫 [写] 長谷川 梓 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] 企業戦略 DX デジタルアセットマネジメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年から続く花王のデジタル環境整備

 ゲーム業界出身で、1997年に花王にキャリア入社した田中氏は、DXという言葉が生まれるはるか前から、花王のデジタル改革を推進してきた。今回取り上げるWeb製品カタログのリニューアルプロジェクトも、その延長上にある。

CMSを活用したWeb製品カタログ環境を構築

CMSを活用したWeb製品カタログ環境を構築画像クリックで拡大

 今回のWeb製品カタログサイトのリニューアルは2007年以来、実に14年ぶりのリニューアルだったが、田中氏は前回のリニューアルも主導している。

 2007年のプロジェクトでは、まず同サイトのデータベースを構築。そこからCMSのテンプレートを使って、ワンソースマルチユースで製品ページを生成するシステムを作った。

 数多くの製品を抱え、色違い、詰め替えなども含めると数千の製品ページを作成する必要があった。そのすべてを手作業でやっていては追いつかないし、コスト面でも見合わないことから、システム化の話が持ち上がった。

「システムの構築自体も大変だったが、当初構築したシステムでは実際に運用する際の業務フローまで考え抜けていなかった。定期的に更新する社内業務フローをどう決めるかというところで苦労した」

全動画をYouTube化、Webサーバをすべてクラウド化

全動画をYouTube化、Webサーバをすべてクラウド化画像クリックで拡大

 その後、このCMSはアジアにも展開。定着しつつあった2011年に、今度は自社サーバを廃止し、YouTubeを動画配信基盤にするプロジェクトを主導した。

 YouTubeへの移築を終えた翌年には、Webサーバ、WCMサーバをすべてAWSに切り替えるプロジェクトを推進。

WCMサーバをすべてAWSに切り替えるプロジェクト画像クリックで拡大

「こちらも当時はクラウドに対する懐疑的な見方が強かったが、データセンターと比較した際の安全性やコスト比較を丁寧に説明して乗り切った」

Web環境のグローバル統合

Web環境のグローバル統合画像クリックで拡大

 2014年からは、CMSをアドビシステムズ提供のAdobe Experience Manager(AEM)に置き換えるプロジェクトに着手。同時に、欧米との環境統合も進めた。

「Webサイトの制作方法の根本的な変更を目的としたため、特定多数の社外パートナーへの説明が必要だった。欧米展開も初めてだったことから、コミュニケーションにも苦労したが、5年経った今でもグローバル基盤として定着しており、基本的にはうまくいったものだと思っている」

 このように順を追ってデジタル環境を整えてきた先に、今回取り上げるWeb製品カタログサイトのリニューアルプロジェクトがある。

バックナンバー