Biz/Zineニュース

電通グループ、持続可能な食資源循環社会の実証実験にブロックチェーン技術とweb3.0技術の提供で参画

 電通グループは、川崎市などが共同で進める食資源循環・フードサイクルの取り組み「eco-wa-ring Kawasaki(エコワリング川崎)」に技術パートナーとして参画し、シビラの保有するブロックチェーン技術とWeb3.0の基盤技術を用いた情報流通インフラを提供。コミュニティ起点型の新しいソーシャルエコノミーの構築に向けた実証実験を行う。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ブロックチェーン 電通グループ web3.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この実証実験では、電通グループとシビラは「eco-wa-ring Kawasaki」の技術パートナーとして、次の2つの可能性について検証していくという。

1.都市型の食品リサイクル/食資源循環モデルの創出

  • 貢献実績を評価基準とした金銭以外の多様なインセンティブの提供による効果
  • 貢献度の高い「公認パートナー」を中心とした地域コミュニティの形成・活性化の可能性

2.個人情報保護と参加者の利便性を両立するWeb3.0技術

  • 欧州GDPRをはじめ個人情報の取り扱いに関する規制強化の動きを捉え、メールアドレス等の 個人情報の取得なしに本人を証明する高利便性と高セキュリティを両立したパスワードレスオンライン認証規格「WebAuthn(FIDO2)」と、自身のエコ活動の記録(貢献実績)に応じたインセンティブ(特典)の受け取りが可能なデジタルアイデンティティ証明規格「Verifiable Credentials」の有効性

 また、市内の各協力先と参加者をつなぐ施策の有効性や、技術面での可用性についての検証も行うとしている。