Biz/Zineニュース

JTのRethink PROJECT、JTB、イーストタイムズが地方創生プロジェクトを開始

 日本たばこ産業(以下、JT)の地域社会への貢献活動であるRethink PROJECT(リシンク・プロジェクト)と、JTB、イーストタイムズは、視点を変えて、地域の魅力を住民とともに再発見・発信する地方創生プロジェクトを開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 地方創生 JT JTB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Rethink PROJECTは、「Rethink=視点を変えて、物事を考える」をキーワードにこれまでにない視点や考え方を活かして、パートナーと「新しい明日」をともに創りあげていくために、社会課題と向き合うプロジェクト。「地域住民一人一人の驚き・発見・感動こそが地域の魅力である」とする、JTBやイーストタイムズの活動に共通点を見いだし、共に地域の魅力を再定義する活動を行うことを決定したという。

 今回の3社共同のプロジェクト第一弾として、6月19日にJTBとイーストタイムズが栃木市とともに開催した「栃木市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」に、Rethink PROJECTが協力団体として参加した。なお、ローカル魅力発掘発信ワークショップは、2021年度、全国6か所で開催を予定しているという。

 今後3社が行う新たなプロジェクトでは、全国の自治体と共同で行うワークショップをはじめ、地域社会が抱える様々な分野の課題に対して、地域住民とともにクリエイティブや情報発信をトリガーにした取り組みを展開、連携を強化していくとしている。