SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通アクセラレーター、「for Work Life Shift」採択企業9社を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士通アクセラレーターは、「『働く』ということだけでなく、『仕事』と『生活』をトータルにシフトし、Well-beingを実現する」をコンセプトにした同社プログラム「Work Life Shift」において、国内9社を採択した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 採択された9社は、富士通の全社DXプロジェクト「フジトラ」と連携し、Work Life Shiftの社内実践を推進。新たな働き方改革のソリューションを創り上げていくという。

「Work Life Shift」採択企業とサービス概要

  • AZAPA Project Olive:生体データからヒトの感情を可視化。従業員の仕事中の集中度やストレス度を計測し、従業員のWellbeingを向上させる
  • KBE:Teamsに追加するだけで利用できる「誰が・何を知っているか」を集約・共有するAIアシスタント
  • PLAY:業務ログを自動収集し、業務担当者にヒアリングすることなく網羅的な業務可視化を実現するプロセスマイニングツール
  • VISITS Technologies:意見や人の創造性を定量化し、社内のDXビジョン・デザイン思考の浸透やDX人材の発掘を実現
  • セルフケアテクノロジーズ:ウェアラブルデバイスによりヘルスケアデータ(睡眠・運動・食事)を日常的に取得することで、予防ヘルスケアを実現するプラットフォームアプリの提供
  • テレワーク・テクノロジーズ:個室オフィスのシェアリングによって、遊休施設をテレワークスペースへ変え、テレワーク場所の選択肢を増やす
  • E4:Googleカレンダー・Outlookと連携し、営業・採用面接などビジネス上の日程調整を自動化する(日程調整サービス:eeasy)
  • Studio Ousia:自然言語処理技術を活用し、AIがテキストを読解。質問応答、テキストの検索・仕分けに利用可能
  • クリエ・ジャパン:ユーザー毎に最適化した動画を自動で生成する特許技術を活用し、サービスの付加価値向上や業務効率化を実現するソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング