SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ネオ・コーポレート経営

日立製作所CLO児玉康平氏に学ぶワールドクラスの経営──ネゴシエーターとしての法務による日本流勝ち筋

第4回ゲスト:株式会社日立製作所 執行役常務 CLO 児玉 康平氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 『ワールドクラスの経営』(ダイヤモンド社)の主著者である日置圭介氏をナビゲーターに、グローバルをビジネス基盤として活躍する企業「ワールドクラス」の“経営の型”を、特にコーポレート部門の観点から明らかにしていく本連載。今回のゲストは、日立製作所の児玉康平氏(執行役常務 CLO兼ゼネラルカウンセル兼CRMO兼オーディット担当)。ワールドクラスの経営における法務のあり方を考えるに当たりぜひ出演してほしい、という日置氏の希望で対談が実現した。アメリカで実務能力を身につけてきた氏の目に映る日本の法務の特殊性、それをグローバル・スタンダードに引き上げていくための取り組みについて伺った。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

14年間過ごしたアメリカから帰国し、日本の法務とのギャップに限界を感じていた

日置 圭介氏(ボストン コンサルティング グループ パートナー&アソシエイト・ディレクター、以下敬称略):この図は、本連載の初回に早稲田大学の入山章栄教授と作ったものです。「これらの要素がうまく噛み合えば、経営のサイクルがうまく回るだろう」と話していたのですが、私は「リスク」も企業経営全般に関わってくる要素ではないかと感じています。今日、児玉さんとお話させていただくことで、もしかするとこの図も変わってくるかもしれません。

ネオコーポレート経営
画像クリックで拡大表示

 私が児玉さんと出会ったのは、アメリカから戻られて数年経った頃でしたよね。まずはこれまでの児玉さんのキャリアについてお聞かせください。

児玉 康平氏(株式会社日立製作所 執行役常務 CLO兼ゼネラルカウンセル兼CRMO兼オーディット担当、以下敬称略):私は1997年にアメリカに渡り2011年に戻るまでの14年間、シリコンバレーの日立アメリカ(HAL)で法務に携わっていました。30代から40代にかけて、一番脂の乗った大切な時期を過ごしましたので、今でもアメリカで身につけた物事の見方や仕事のやり方が抜けません。

 日置さんとお会いしたのは2014年で、帰国後にコーポレートで法務をやってからIT部隊の戦略部門に異動したところでした。チームのメンバーにシリコンバレーの人脈を紹介したり、日置さんのような社外の支援者の協力を仰いだりして、「もっと外の世界を見なさいよ」と言っていたんです。正直なところ、その頃は日米の法務におけるギャップの大きさに限界を感じ、もう法務はやめようかと考えていました。

 ところが2018年に当時の会長と社長に呼ばれ、「法務のトップをやってくれ」と言われたんです。大変驚きましたが、「本気で法務を変えるつもりなんだな」と感じました。私の“売り”は海外でのM&A、事業投資などを含むいわゆる「トランザクション法務」で、語学はもちろん、“切った張ったの交渉”ができることです。そんな私にトップをやれということは、法務部をグローバル・スタンダードに変えることを期待されているんだなと。法務、コンプライアンス、エンタープライズ・リスク、そして将来的にはオーディット(監査)まで、全部変えてグローバル企業としてのビジネスができるようにするということが目的だと考えて取り組んでいます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アメリカでは交渉の最前線に法務がいる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ネオ・コーポレート経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング