SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

「空飛ぶクルマ」が創る新たなビジネスの世界──エアモビリティの先駆者が描くスグ近くに迫る未来のはなし

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“空の世界”はすべての企業にチャンスがある

──いよいよエアモビリティも実用化が迫っているということで、今後、空飛ぶクルマをどのようにして世間に広めていく計画なのでしょうか? コストやリスクも考える必要がありそうですが。

福澤:安全面やコストについて、抵抗感のある方も多いと思います。モビリティというものは人の命を乗せているわけですし、コストも自動車などと比較すれば高いと感じるかもしれません。そういった方々にいきなり理解を求めるというのも、無理がある話です。よって、我々も皆さんに利用していただける機会を積極的に設けていって、少しずつ理解していただける人々を増やしていければと考えています。コストに関しても、開発と量産が進むにつれて低下していきますから、空飛ぶクルマはどんどん身近な存在になっていくはずです。無理強いするのではなく、徐々にスタンダードになっていけば良いのではないでしょうか。そのためにも、まずは2025年の大阪万博ですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング