SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Design×Management=Innovation

多拠点居住や複業キャリアというパラレルワールド──「社交のデザイン」による、組織の新たな拠り所とは?

【山極壽一氏×入山章栄氏×佐宗邦威氏 】特別鼎談・前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社交のデザインによるコミュニティや組織の価値のアップデート

山極:社交というのは非常におもしろい。ホスト、つまり社交のデザイナーがいて、一つの「物語」を提示します。その物語に沿って参加者は服装を整え、マナーをわきまえて参加し、緊張感のもとに生み出されるリズムと流れに沿って、定められた時間において物語を共に作り上げていく。だからこそ、社交に参加した人は、共に何かを作っている感覚を持つことができます。それが社交の持つ根源的な意味なんです。

 ここで重要なことは社交には経済的な目的はなく、遊びと一緒だということ。霊長学の研究から出てきた結論なのですが、遊びは本来、経済的な目的を持たず、外から見れば時間の浪費にしか見えません。でも、遊びの中では同じ時間を共有し、互いに身体を触れ合わせて、心や身体を感じ合うことができます。興奮を高めるためにゲームのルールの型が立ち上がってきて、ハンディキャップをつけて、力の大きい者や身体の大きい者が、力の弱い者、身体の小さい者に合わせます。すると、そこでは力の弱い者、身体の小さい者がイニシアチブを握ることになり、対等な関係が生まれます。役割の交代がそこで演じられるんです。その結果、お互いの理解が深まっていきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Design×Management=Innovation連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング