SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営変革の「思想」と「実装」

NECでの二階建ての経営変革──既存と新規の架け橋になる変革リーダーが持つ“ゴーギャン的流儀”とは?

第3回ゲスト:日本電気株式会社(NEC)/BIRD INITIATIVE株式会社 北瀬 聖光氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

NECの経営変革の思想と実装にある「二階建ての経営」

宇田川:北瀬さんがされていることは、私からすると「ケア」なんだと思うんです。組織や人を丁寧に見て、本来やりたいこと、やれることをちゃんと引き出していく、それをやり続けるということですよね。

北瀬:そうですね。新規事業の成長ステージによっても活躍してほしい人が違います。例えば初期のフェーズではクリエイターやデザイナーの人たちの良い発想を引き出したいですし、それがビジネスになるのかどうかというフェーズではビジネスモデルや戦略を考えられる人が必要です。そのビジネスがいけそうだとなると、リアルに事業を実装するためにハードウエアの品質保証や知財や契約などのスキルが求められます。フェーズごとに必要となる人とスキルを備えて最後までやりきるための支援機能が、絶対に必要だと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営変革の「思想」と「実装」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング