SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

NTTデータのビジネスデザインスプリント

NTTデータのビジネスプラン具体化を追体験──8つの検討ポイントと27のキークエスチョンとは【前編】

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「課題仮説」を解く3つのキークエスチョン

 それでは、8つの検討ポイントに従ってキークエスチョンを解いていきたいと思います。ひとつめの検討ポイント「課題仮説」に関連するキークエスチョンは以下の3つです。

  • Q1-1:どんなユーザーが、どんな課題・期待をもっていますか?
  • Q1-2:どんな企業が、どんな課題・期待をもっていますか?
  • Q1-3:その課題解決に関わる市場規模はどのくらいですか?

 まずは、Q1-1とQ1-2にある「誰のどんな課題・期待に取り組むのか」というクエスチョンを考えてみましょう。それぞれ、「誰(Who)」の「どんな課題・期待(What)」かに加え、「なぜそのような課題・期待があるか(Why)」を考えることが大切です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
NTTデータのビジネスデザインスプリント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小木曽 信吾(オギソ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング