SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

NTTデータのビジネスデザインスプリント

NTTデータのビジネスプラン具体化を追体験──8つの検討ポイントと27のキークエスチョンとは【前編】

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NTTデータにおける数多くの社内実践や顧客共創から生まれた、ビジネスプランの解像度を高めるためのドリル「ビジネスデザインスプリント」。前回の記事ではその成り立ち、背景、概要を解説しました。今回は、実際にNTTデータで挑戦した棚欠品検知サービス「店長お助けAIカメラ」の新規事業開発を追体験する形で、ビジネスデザインスプリントのキークエスチョンについて解説します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「4×8×27」の問いでアイデアをビジネスプランに具体化する

 解説に入る前に、そもそもビジネスデザインスプリントとは何か、前回の記事を基に簡単に振り返っておきましょう。

 NTTデータにおけるビジネスデザインスプリントとは、デジタル技術を活用した新規事業開発に初めて挑戦する人向けに、自身のアイデアをビジネスプランに具体化するために解くべき“問い”をドリルにしたものです。

 具体的には、ビジネスプランを「ビジネス」「サービス」「システム」の3つに階層化し、それを「4つの視点」で俯瞰的に捉えます。次に、その4つの視点を「8つの検討ポイント」で深掘りし、「27のキークエスチョン」を用いることで、8つの検討ポイントの解像度をさらに高めるプロセスとなっています。つまり、「4×8×27」の問いを繰り返すことで、「現時点のビジネスプラン」を生み出すことを可能にするドリルです。

4つの視点と8つの検討ポイント
4つの視点と8つの検討ポイント
[画像クリックで拡大表示]

ビジネスデザインスプリントを「店長お助けAIカメラ」で実践

 今回の実例として用いる「店長お助けAIカメラ」について解説します。

 店長お助けAIカメラとは、ホームセンターのような売場面積の広い店舗において、商品棚の在庫を監視するAIカメラを設置し、商品の欠品を店舗スタッフに通知するサービスです。店舗スタッフを欠品確認業務から解放し、かつ企業としては欠品による機会損失を低減できるメリットがあります。

NTTデータがビジネスデザインスプリントで生み出した「店長お助けAIカメラ」
NTTデータがビジネスデザインスプリントを使って取り組んだ「店長お助けAIカメラ」
[画像クリックで拡大表示]

 本稿はぜひ、このサービスの企画者になった気持ちで読み進めていただければと思います。ビジネスデザインスプリントを手に取るタイミングは、企画を具体的にイメージする前の段階、頭の中でぼんやりとアイデアが浮かんだところから始まります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「課題仮説」を解く3つのキークエスチョン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
NTTデータのビジネスデザインスプリント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小木曽 信吾(オギソ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング