SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営変革の「思想」と「実装」

一休・榊社長と語る「支援者」としての社長の役割──課題を仕入れる触覚、方向づけ、非・選択と集中とは?

ゲスト:株式会社一休 代表取締役社長 榊淳氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

経営者は顧客の課題を感じとる“触覚”を持つべき

株式会社一休 代表取締役社長 榊淳
株式会社一休 代表取締役社長 榊淳氏

宇田川:僕なりの言い方をすると、榊さんがレポートを作ることによって、組織が「慢性疾患」になるのを防いでいるのだと思います。

 「慢性疾患」というのは、問題はあるのだけれどそれが何かがよく分からないという、多くの会社で起きている状況です。そうなると、「DXができていないから、DXをやりましょう」といったとりあえずのソリューションに依存してしまうんですよね。自発性が持てていないままにやるので、効果が出ません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営変革の「思想」と「実装」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング