SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

新しい資本主義、新しい経営

すべての意思決定は“3つの椅子”の前で──スターバックス水口CEOと語る、ビジネスと社会貢献の両立

ゲスト:スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 代表取締役最高経営責任者(CEO) 水口貴文(みなぐち・たかふみ)氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ビジネスのルールが急速に、劇的に変化している。経営はどう変わる必要があるのか。本連載では、武蔵野美術大学クリエイティブイノベーション学科教授であり、ビジネスデザイナーの岩嵜博論氏をナビゲーターに、経営者・実践者などとの対話により、「社会貢献と企業成長」という両立が難しい取り組みのヒントを明らかにすることを目指す。
 今回のゲストは、スターバックス コーヒー ジャパンCEOの水口貴文氏。スターバックスにおける社会貢献と企業成長の両立をテーマに、パーパスとその浸透、高解像度の共感体験、共感の伝播などを議論した。すべての意思決定は“3つの椅子”の前で行うスターバックスの経営に迫る。
(※編集部注:インタビューはマスク着用の上、実施しました。写真撮影時のみマスクを外して短時間で撮影)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ビジネスの中で誰かに幸せになってもらう

岩嵜博論氏(以下、岩嵜):本連載のテーマは「社会貢献と企業としての成長をどう両立するか」です。前回は良品計画の執行役員・生明弘好氏と、同社が掲げる「地域への土着化」をテーマに、グローバルとローカルを両立させたバリューチェーンでの取り組みを伺いました。特徴的だったのは、「地域への土着化」を実現するためには現場の社員が自律的な意思決定を行えることが必須だとして、経営陣が社員に「編集力」を身につけられるよう支援をしていることでした。

 今回は貴社の取り組みから、「社会貢献と企業としての成長をどう両立するか」という問いを深掘りできればと思います。

水口貴文氏(以下、水口):我々の活動の根底にあるのは、Our Mission & Valuesにある「人々の心を豊かで活力あるものにするために」というものです。巷ではミッションとパーパスの違いは何かということが議論されますが、このOur Mission & Valuesこそがパーパスです。スターバックスには毎週約500万人のお客様がいらっしゃいます。そうしたお客様のひとりでも多くに、店舗での体験を楽しんで欲しい。だから我々にとっては、お客様一人ひとりと向き合うことが一番の基本になります。

 確かに環境や地域への貢献といった様々な社会的な活動に取り組んでいます。でも原点にあるのは、やはりビジネスの中で誰かに幸せになってもらうことで、まず先に存在することだと思っています。Our Mission & Valuesにある「人々の心を豊かで活力あるものにするために」は、その後に「ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」と続いていきます。我々のビジネスは、基本的にはすべてこのことに基づいて組み立てられています。

Our Mission & Values
Our Mission & Values

パーパスの浸透はポジティブフィードバックの循環から

岩嵜:ではOur Mission & Valuesをどのようにパートナー(従業員)に伝えているのでしょうか。多くの企業では、ミッションやパーパスを掲げても伝わっていかないという話もよく聞きます。

水口:一番は、日々お客様からフィードバックをいただいていることではないでしょうか。お店に来ていただいたお客様が喜んでくださっているのか、そして笑顔になっているのか。我々はリテールビジネスなので、店舗でフィードバックをいただくことにより、自分たちのやっていることが正しいのか、役に立っているのかを体感できます。もう1つのフィードバックは、一緒に働いている仲間からもらえるエネルギーです。我々はひとりではなく、みんなで同じ目的に向かっています。そこでお互いに「さっきのあれ、良かったね」というフィードバックを循環させることで、自然とOur Mission & Valuesに資する行動が強化されていきます。

岩嵜:今の話を聞いて腹落ちしました。店舗でお客様からそして仲間から直接フィードバックをもらうことが、さらなる浸透や行動強化につながるということですね。

水口:我々は「察する」という言葉を使うのですが、一人ひとりのお客様の状況を判断できるのは、お店にいてそのお客様の目の前に立ったパートナー以外にいません。お客様と話しながら、感じながら、見ながら「察する」ことなしには、温かい体験は提供できません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
創業者から受け継ぐ、ビジネスと社会貢献の両立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
新しい資本主義、新しい経営連載記事一覧
この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング