SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

新しい資本主義、新しい経営

すべての意思決定は“3つの椅子”の前で──スターバックス水口CEOと語る、ビジネスと社会貢献の両立

ゲスト:スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 代表取締役最高経営責任者(CEO) 水口貴文(みなぐち・たかふみ)氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

すべての意思決定は「3つの椅子」の前で

岩嵜博論

岩嵜:パートナーの方々とミッションを共有できていること、そこで発生しているストレッチがイノベーションを生んでいることがよくわかりました。水口さんご自身が様々な困難にぶつかることもあると思いますが、そのような時に大切にしていることはありますか。

水口:ハワード・シュルツの言葉の中にヒントにしているものがあります。これは社外の方にも比較的知られている話ですが、役員室に2つの椅子が置いてあります。「意思決定を行う際には、そのうち1つに従業員=パートナーが、もう1つにはお客様が座っていることを想像しましょう」というもので、それでも胸を張って正しい意思決定をしたと言えるかを常に自分に問いなさいと彼は言っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
新しい資本主義、新しい経営連載記事一覧
この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング