SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

新しい資本主義、新しい経営

すべての意思決定は“3つの椅子”の前で──スターバックス水口CEOと語る、ビジネスと社会貢献の両立

ゲスト:スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 代表取締役最高経営責任者(CEO) 水口貴文(みなぐち・たかふみ)氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

創業者から受け継ぐ、ビジネスと社会貢献の両立

水口貴文
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 代表取締役最高経営責任者(CEO)水口貴文氏

岩嵜:過去に出演されたテレビ番組で、「Starbucks Our Mission and Values[1]」から、最後の文章を引用されていました。私は特に「lens of humanity」というところがすごくいいなと思いましたし、それが「performance」と同居しているところにも共感しました。

“We are performance driven, through the lens of humanity.”

水口:私もすごく好きな言葉です。この会社の実質的な創業者はハワード・シュルツですが、彼はもともと利益と社会的良心を両立する会社を作りたいと思ってスターバックスを創業しました。というのも、彼のお父様はトラック運転手だったのですが、ある冬の日に氷の上で足を滑らせ、骨折したことが原因で解雇されてしまいます。「この社会、この会社では父親の威厳・尊厳が守られていない」と感じたシュルツが、そうではない会社を作りたいと思って立ち上げたのがスターバックスです。だから、ただ利益のために経営をするのではなく、事業を通じて社会に貢献していく考えがもともとありました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
新しい資本主義、新しい経営連載記事一覧
この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング