SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

新たな概念「ゼブラ企業」

経営の在り方を変える「インパクト・マネジメント」、事業の物語を描く「セオリー・オブ・チェンジ」とは?

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社会課題解決と事業活動を接続する「ロジックモデル」

 セオリー・オブ・チェンジの整理を通じて多様な観点を生かすことで、社会課題の構造分析と、そこに対する介入の糸口を見つけることが可能となります。一方、戦術の整理・日々の事業活動には、より解像度を上げて、シンプルに自社の取り組みを整理できるロジックモデルが優れているとされています。

 ロジックモデルは、「事業や組織が最終的に目指す変化・効果(アウトカム)の実現に向けた事業の設計図」といわれているのです[1]

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
新たな概念「ゼブラ企業」連載記事一覧
この記事の著者

陶山 祐司(スヤマ ユウジ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング