SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

丸井グループ、東京大学「メタバース工学部」への支援を開始 工学分野のD&I推進とDX人材育成を加速

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 丸井グループは、このたび、東京大学大学院工学系研究科が設立した「メタバース工学部」へ法人会員として参画することを発表した。

東京大学「メタバース工学部」について

 東京大学「メタバース工学部」は、すべての人が、最新の情報や産学の実践的スキルを獲得して夢を実現できるようになることをめざし、デジタル技術を駆使した工学分野における教育の場として設立された。工学分野におけるダイバーシティ&インクルージョンを基本コンセプトとする新しい学びの場、ならびに工学キャリアに関する情報の提供に向けて、主旨に賛同する法人会員とともに、産学が緊密に連携して活動する予定だという。

 「メタバース工学部」が提供するおもな教育プログラムとして、「社会人や学生の学び直しやリスキリングを支援する」「工学キャリアをめざす女性の悩みに寄り添う」「工学や情報の魅力を早期(中高生)に伝える」の3点を掲げている。

丸井グループの参画の背景

 丸井グループは、誰も置き去りにしない「インクルージョン(包摂)」という考え方のもと、すべてのステークホルダーとの共創により、“ビジネスを通じてすべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会”の実現をめざしているという。「メタバース工学部」が掲げる、「年齢、ジェンダー、立場、住んでいる場所などに関わらず、すべての人が工学や情報を学べる教育システムを構築する」という考えが、丸井グループの掲げる「インクルージョン(包摂)」と共通するものだとし、その参画の理由だとした。

また、知識創造型企業への進化に向け、求める人材が“決まった仕事を効率よく遂行できる人”から“デジタルの力を活用して新たなビジネスをプロデュースできる人”へと変化しており、現状の人材とのギャップを埋めるため、DX人材育成を進めているという。“データやテクノロジーを活用して未来社会を構想できる人材”の育成を進める「メタバース工学部」と活動をともにすることがDX人材育成につながると考えたことも、参画の理由となったと述べている。

今後の取り組み

工学分野の魅力を発信するテックアンバサダーの支援

 「メタバース工学部」の活動として、工学分野の魅力を社会に発信する活動をしている学生ボランティアのテックアンバサダーを、丸井グループのリソースを用いて支援。支援の1つとして、丸井グループの役員による、「ダイバーシティ&インクルージョン」に関する講演を予定している。「メタバース工学部」のめざす「工学分野におけるダイバーシティ&インクルージョン」の実現に向けて、「インクルーシブな社会とは」「インクルーシブな社会の実現に向けてどのようなことに取り組みを進めていけるか」を一緒に考えいくとした。さらに、消費者にとって身近なフィンテック・小売の事業の中で、どのようにデータが活用されているのかを、丸井グループの若手社員を中心としたメンバーが、テックアンバサダーに伝えるワークショップも実施。最終的には、「ジュニア工学教育プログラム」にてテックアンバサダーと共同でワークショップを実施し、中高生などの若い世代に向けても発信をしていく予定だという。

専門講座への当社グループ社員の参加

 テックアンバサダーの支援に加え、「メタバース工学部」で提供されるリスキリングの支援を目的とした、「人工知能」「起業家教育」「次世代通信」のリスキリング専門教育の3講座に、自ら手を挙げ意思を示した丸井グループ社員が参加。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング