SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

「クリステンセンが教えてくれた大切なこと」を“しゅんぺいた博士”に聞く

玉田俊平太氏インタビュー(前編)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ポーターからクリステンセンへ

ハーバードPhotography by Keitaro Yoshioka>

玉田 ハーバードに留学して、シュンペーター学会の初代会長のフレデリック・M・シェーラーっていう先生がいて、その先生の授業がすばらしかったんです。その後、ハーバード・ビジネススクールで、マイケル・ポーター先生が、4年に一度のゼミ生を募集していたので入った。倍率は高かったけど通ったのは、日本から来てる政策担当者というのがちょっと面白そうだと思われたのかもしれません。当時はまだ日本の産業も勢いがあって、産業政策っていう謎めいたすごいことをしているみたいなイメージがあったんでしょうね。入れてもらって、それでゼミでもまれました。すごく集中的で厳しいコースで、ポーター先生の3冊分ぐらいの本を一方的なレクチャーでぎゅっと頭の中に詰め込んで、あとは自分で解凍しろみたいな、そういう感じの授業でしたね。だから質問なんか一切許さんと。授業に飲み物なんか持ってくるやつはクビ(笑)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中村 理(ナカムラ オサム)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング