SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

『21世紀の歴史』に学ぶ、資本主義後の「三つの波」でビジネスを“先読みする”方法

『21世紀の歴史――未来の人類から見た世界』

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

超帝国の「ヒエラルキー」、国家なき市場の「ガバナンス」

 いつの時代も富はその時代の権力者に集中し、現在の資本主義下でも「エリート層」に富は集中します。その配分を公平にすることを目的として始まったはずの「市場民主主義」では、第一の波の時代に「民主主義なき市場」として、「市場の秩序」がほぼ唯一の価値観として社会システムが構成されはじめ、著者もその危険性を語ります。この「超帝国」の時代では、どのようなヒエラルキーが存在するとしているのか。著者の主張をみていきましょう。

 「超帝国」の支配者として「超ノマド」が登場するとしています。超ノマドとは、劇団型企業やサーカス型企業のスターであり、具体的には、サーカス型企業の所有者、金融業や企業の戦略家、保険会社や娯楽産業の経営者、ソフトウェア設計者、スマートフォンなどに代表されるような携帯型のヒットプロダクトの開発者、などを挙げています。この「超ノマド」が時代の支配的な存在になるとしています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

栗原 茂(Biz/Zine編集部)(クリハラ シゲル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング