SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

【出張版】スタートアップの時代の終焉

「社会に良い影響を与えれば儲かる」という流れ―次のスタートアップのパーティー会場

第3回:次のスタートアップのパーティー会場を探して(前編)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

2.VC 投資家の裏にいる人達の変化

 次にVCのさらに裏側を見ていくとその流れがよりはっきりと見えてきます。

 VCのビジネスは基本的に、LP (Limited Partners) からお金を預かってスタートアップへ投資し、スタートアップのExitを通してお金を増やしてLPに返す、という金融ビジネスです。VCはお金を増やす責任があるとともに、LPの意向をある程度聞く必要があり、スタートアップはVCを理解するためにLPと会って彼らのニーズや視点を見たほうが良い、と言われるほどです。

 LPには通常、基金や年金、機関投資家や富裕層を中心とした個人投資家などが含まれます。(下の表の通り)

The Business of Venture CapitalThe Business of Venture Capital

 LPにとってVCへの出資はポートフォリオのほんの一部であり、ヘッジファンドなどにも資金運用を任せていたりします。

The Business of Venture CapitalThe Business of Venture Capital

 なのでVCだけではなくヘッジファンド側の動きも一緒に見てみると、LPが今何を気にしているかがある程度見えてくると考えられるのですが、実は彼らLPもインパクト投資をここ最近気にし始めている風潮が見られます。

 たとえば昨年、世界最大の資産運用会社であるBlackrockがインパクト投資の金融商品を始めました。私は金融畑の人間ではないので業界内でそれがどういう評価を受けているのかは分かりませんが、最も利潤にうるさく賢い人達であるBlackrcokでそのような動きをしている、ということは、その領域で十分に儲かるということではないかと推測しています。またGlodman SachsはSocial Impact Fundを2013年に設立し、インパクト投資のアドバイザリーを行うImprint Capitalを昨年買収しています。

 こうしたインパクト投資への注目はスタートアップの文脈ではエンジェル投資家にあたる、富裕層の個人投資家からの需要とも言われています。また1980年代以降に生まれたミレニアル世代は、社会貢献への意識が高くインパクト投資に対する需要も高いと言われており、そうした顧客に対する金融商品という面もあるのだと思います。

 実際、Bill & Melinda Gates財団は2016年の年次レポートで、エネルギーと”時間に関する貧困”が世界の問題であり、その解決策はイノベーションである(The solution is innovation, and you can help)とし、エンジニアや起業家、科学者やソフトウェア開発者に、問題解決の手助けを呼びかけています。つまり、こうした問題を解決するにはテクノロジとイノベーションが必要とされているという認識があり、テクノロジとイノベーションといえばまさにスタートアップが得意とする領域であるとも言えるのではないでしょうか。

 (ちなみに Blackrock は昨年、テクノロジが世界に与える影響に関しても年末に簡単なレポートを出しているので読んでみると面白いと思います)

The Topic We Should All Be Paying Attention to (in 3 Charts)The Topic We Should All Be Paying Attention to (in 3 Charts)

次のページ
3.フィランソロピー、社会起業家との接近

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
【出張版】スタートアップの時代の終焉連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

馬田 隆明(ウマダ タカアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング