Biz/Zineニュース

テックビューロ、仮想通貨や独自トークンによる投票の集計サービス「Zaif Vote」を提供

各票を2~10秒でリアルタイム反映し生放送などでも利用可能に

 テックビューロ(大阪府大阪市)は、 ビットコインなどの仮想通貨やCounterpartyトークン、 NEM MOSAICなどによる投票をリアルタイム集計できるサービス「Zaif Vote」を提供開始した。(画像は、「Zaif取引所に追加して欲しい通貨に関する投票デモ」サイトより)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データテクノロジー ブロックチェーン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Zaif Vote」は、ブロックチェーンの仕組みを利用して、ビットコインやXEM、Counterpartyトークン、NEM Mosaicといったような仮想通貨や独自トークンを用いて、リアルタイムに集計ができる投票サービス。

 投票の選択肢ごとにアドレスを指定し、投票期間を設定するだけで、あとはそれら個別のアドレスに指定した暗号通貨やトークンの送付を受け付けるだけで投票が開始できるという。ユーザー登録も必要なく、対象となる仮想通貨や投票トークンを持っているユーザーであれば、誰でも投票を受け付けることができるため、幅広い用途に利用できるとしている。

 このサービスによる投票は、送信後約2秒から10秒でリアルタイムに集計されるため、単なるアンケートキャンペーンだけではなく、インターネットのライブ放送イベントやテレビの生放送などにおいても、投票に加えリアルタイムの寄付や拍手(いいね)の集計といった用途に利用できる。

 投票アイテムには、音声ファイルを設定できるため、ユーザーによってリアルタイムに「拍手」「歓声」「ブーイング」といった音声を生放送に併せて再生させることも可能だという。

 ビットコインやXEMだけではなく、それらのブロックチェーン上で発行できる独自のCounterpartyトークンやNEM MOSAICを投票券として使用可能だ。たとえば、ビットコイン建ての投票にした場合、個々の残高の余裕によって投票結果が偏るが、予め1人あたりに特定の投票トークンを1つずつ配布しておけば、1人1票に限定した投票キャンペーンを実施することも可能だとしている。

 今回はまず、ビットコインとCounterpartyトークンのみが実装されるが、近日中にXEMとNEM MOSAIC対応版を公開する。「Zaif Vote」のサービスは、当初は提携企業先に優先して提供され、その後一般にも解放される予定だ。また、キャンペーン情報が取得できるAPIを用意し、そのデータを用いて反響のリアルタイム視覚化を支援するなど、幅広い用途に対応していくという。