セミナーレポート 「COMPANY Forum 2016」レポート

ジョン・スカリーが語る、日本企業がムーンショットを生む「複数のドメイン」を繋ぐ思考

ワークスアプリケーションズ主催「COMPANY Forum 2016」牧野正幸氏 × ジョン・スカリー氏 講演レポート

 2016年9月28~29日、ワークスアプリケーションズ主催「COMPANY Forum 2016」が開催された。2日目のオープニングスピーチには、同社CEO牧野正幸氏のほか、日本の大学として初めて人工知能搭載のシステムを導入した近畿大学広報部長 世耕石弘氏、アップルコンピュータ元CEOジョン・スカリー氏らが登壇し、人工知能時代の働き方、イノベーションについて語った。

[公開日]

[講演者] ジョン・スカリー 牧野 正幸 [取材・構成] 有須 晶子 [写] 和久田 知博 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] 事業開発 UX 適応型イノベーター ムーンショット 顧客プラン 適応型イノベーション ズーミング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能型ERPを導入する近畿大学の意図

 2日目のオープンニングスピーチでは、人工知能の活用法にいち早く注目し、日本の大学として初めて人工知能を取り入れた業務改革を決定した近畿大学のHUEの導入事例が紹介された。

世耕石弘世耕石弘氏(学校法人近畿大学 広報部長)

 近畿大学といえば世界で初めてクロマグロの完全養殖を成功させ知名度をあげたが、研究以外にも「常識をぶっ壊す近大」をスローガンに、入学試験のインターネット出願、アマゾンでの教科書購入、卒業証明書のコンビニ発行といった革新的な試みを次々と打ち出し、総志願者数が日本一を記録するなどの結果を出してきた。とはいえ、大学をめぐる経営環境は厳しく「グローバル化、少人数教育、定員厳格化など、大学界に課せられるノルマはたくさんある」のに対し「私立大学の収入構造は学納金以外の収入はほとんどない」(広報部長の世耕石弘氏)。そのような環境のなかで生き残りを考えた結論が、HUEの導入だった。

6つのキャンパス、3つの付属病院、16の付属学校、20近くある研究施設、すべてバラバラの仕組みでやっていました。今回、これらをAIでひとつに統合し、徹底した業務の合理化を図っていきたい。そして、多くの教職員を事務作業から解放して、その力を学生のために費やせるようにしていきたいと思います。

バックナンバー