SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ブロックチェーンの可能性と課題

ICOが可能とするベンチャー投資の民主化とは?

ブロックチェーンの可能性と課題:第11回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ICOのデメリット2:VCによる指導の欠如、3:本来の通貨発行機能の阻害

2:VCによる指導の欠如

 通常のベンチャーキャピタルによる投資を得るためには、起業家は投資家に対してビジネスモデルや収益見通しについて詳細な説明を行う必要がある。また、投資が複数のラウンドに渡る場合、最初期のシード投資でうまく行けば、2年目により大きな額を投資するといったことが行われるが、その過程で投資家がアドバイスをしたり、「先輩起業家」を紹介したりするといったこともある。

 シリコンバレーのブロックチェーン関連スタートアップ企業では、複数の企業が共通の投資家から投資を得ており、こうした投資家をハブとした情報交換や人のネットワークも、事業を成長させるうえで重要なリソースとなるだろう。ICOでは、こうしたベンチャーキャピタルをハブとした指導や助言を得る機会が少なくなる可能性がある。起業家にとって負担は少ないかもしれないが、貴重な成長の機会を失うことになるかもしれない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ブロックチェーンの可能性と課題連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高木 聡一郎(タカギ ソウイチロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング