『一万年の旅路』に登場するイロコイ族の歴史から見出した、“平和の守り手”タイプのリーダーが必要な理由

第2回ゲスト:天外塾主催/フローインスティテュート代表 天外 伺朗 氏【後編】

[公開日]

[語り手] 天外 伺朗 仲山 進也 長尾 彰 [取材・構成] やつづかえり [写] 長谷川 梓 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] ワークスタイル 愚者風リーダーシップ ファシリテーター 存在のマネジメント フロー経営 天外伺朗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読むには会員になる必要があります。

会員登録(無料)ログインはこちら

バックナンバー