SmartHR、働き方改革の実感度と「紙対応」に追われている職種に関する調査結果を発表

 SmartHRは、20代~60代の企業で働く男女590名を対象に、働き方改革の実態について調査を実施。紙を使った作業「紙対応」が多い職種に従事する人は、働き方改革の効果をあまり実感できていないという実態が判明した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル 働き方改革 調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供しているSmartHRは、20代~60代の企業で働く男女590名を対象に「働き方改革と紙を使った作業の実態」という調査を実施した。その結果、ほとんどの企業で働き方改革に向けた施策を実施しているものの、紙を使った作業「紙対応」が多い回答者は、働き方改革の効果を実感していないという結果になったという。

「働き方改革」の具体実施施策

「紙対応」の作業量

 「紙対応」の作業量が多いと回答したのは、人事や労務、総務といった、バックオフィス職に多く見られた。

職種別「紙対応」の変化

 また、全回答者のうち、人事労務職対象で特に負担に感じる「紙対応」を尋ねたところ、最も多い29.7%が「年末調整作業」と答えたという。人事労務職は、年末調整作業が行われる10~12月には、1日10時間以上働く人が年間で最も多いという結果になった。

人事労務担当者が特に負担に感じる「紙対応」

人事労務担当者の労働時間

 年末調整の「紙対応」に追われる人事労務担当者からは、「数百名分の年末調整を数名で処理しなければならないため、人手が足りない 」「書類の配布・回収や記入ミスの訂正が面倒」、「期限内に書類がなかなか集らず作業が止まってしまう 」「紙ベースでの配布・記入・回収・入力・計算・保管の一連の流れが原始的で面倒」といった声が挙げられという。