SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

宇田川先生が語る、違和感を表に出して語れる関係を作る「アダプティブ・リーダー」が組織変革に必要な理由

『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップレポート【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

語ることが出来なかったことを、語れるようにするための「問題の外在化」

 既存の物語の枠組みを変えていく一歩目として、「問題の外在化」という考え方がある。例えば、うつ病を人の内側にある問題と捉えると、「ストレス耐性をつけましょう」とか「薬を飲んで脳の機能を回復しましょう」といったセルフメンテナンスによる問題解決に向かいがちだ。しかしナラティヴ・アプローチでは、人と問題を切り離すために問題を外部に置いてみる。

 宇田川氏は問題の外在化の例として、ナラティヴ・セラピーの創設者であるマイケル・ホワイトとADHDの子どものやり取りを紹介した。ホワイトはその子どもに「君のADHDは何色?」とか「どんな顔をしているの?」「どんなときに来るの?」といったことを聞いたのだという。そうやって問題を人の外側にあるものとして捉えると、その子の内側に問題があるというドミナント・ストーリーの中にいたときとは違う意味が立ち現れてくる。例えば、必ずしも問題に困らされているだけではない自分が見えてきて、今までにない対象法が見えてきたり、他の人が問題に一緒に取り組む余地が見えてくる、など様々だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング