SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

宇田川先生が語る、違和感を表に出して語れる関係を作る「アダプティブ・リーダー」が組織変革に必要な理由

『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップレポート【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

組織のリーダーが向き合うべき「適応課題」とは

 宇田川氏のレクチャーの中で紹介され、午後のワークショップでも何度も登場したキーワードが「ドミナント・ストーリー/オルタナティヴ・ストーリー」、「適応課題」そして「問題の外在化」だ。

 「ドミナント・ストーリー」というのは、私達が気づかないうちに浸っている支配的な物語のことだ。宇田川氏は、人は日々様々な出来事に出会うが、意味を見出して「経験」しているのは、その中でもわずかの出来事だと指摘する。「特定のものだけに特権的に線を引いて、別のことを排除している」と言うのだ。しかし、そのドミナント・ストーリーから抜け出し、別の観点で出来事を思い起こしてみると、新たな線の引き方が可能になる。それがオルタナティヴ・ストーリーを作っていくということだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング