SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人事と経営のジレンマ

“机上の組織論”に固執せず、変化を拒まない組織へ──“事業軸”で考える「経営のための人事」とは?

ゲスト:ヤフー株式会社 カンパニーPD本部PD企画部ER企画 リーダー 小向 洋誌氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

本当に好きなことだけやればいいのか。コンフォートとストレッチのバランスとは

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 荒金泰史氏(以下、敬称略):メタ認知に加えて、「判断の軸を複数持つこと」も重要ですね。人事が人事の軸だけで考えていたら、それは「人事のための人事」になってしまう。小向さんは組織開発や人財開発の中でも、しっかりと「事業としてどうなのか」という軸をぶらさずに持たれていますね。

小向:それで言うと、「組織ごとに異なる判断軸があること」と、「ひとつの事業体として、ビジネスとしてぶれてはいけない軸があること」という2つの認識を、常に持つべきだと思っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人事と経営のジレンマ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング