Biz/Zineニュース

凸版印刷、行動情報からインバウンド誘客を支援 クラブツーリズムと観光マーケティングの実証実験を開始

 凸版印刷は、クラブツーリズムの協力のもと、訪日外国人向け観光マーケティングの実証実験を開始する。旅ナカツールアプリ「旅道®-TABIDO-」(以下 本アプリ)を用いて、訪日外国人のSNS投稿写真とデジタルクーポンの利用状況を分析し動向や嗜好を把握する実証実験を、2019年10月1日から2019年12月31日まで実施する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 インバウンド オーバーツーリズム 観光マーケティング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本実証実験は、クラブツーリズムの訪日外国人向け募集型企画旅行「YOKOSO Japan Tour」への参加者を対象に、同ツアーの「1,000円引きクーポン」が当たる「ハッシュタグキャンペーン(Instagram/Twitter)」を開催。参加者に立ち寄った場所や食事、購入したお土産などの写真投稿を促して実施する。また、デジタルクーポンを入手できる専用マーカー「AReader®(エアリーダー)」が印字されたリーフレット(英語/繁体字)をツアー参加者に配布。本アプリをダウンロードしたスマートフォンでマーカーを読み取ることで、ツアーの周遊先である京都府、大阪府などの観光スポット計8ヶ所のクーポンを利用可能に。

 従来、参加者の動向はツアー後のアンケートによる情報収集が中心だったが、SNSへの投稿写真内容の分析と、電子スタンプサービス「マルチスタンプ®」を用いたデジタルクーポンの利用状況分析により、訪日外国人の新たなニーズや動向を把握する。これにより、訪日外国人の多様化するニーズに合わせた観光スポットへの誘致やツアー商品の開発などを支援。

タイトル