湘南ヘルスイノベーションパークがIncubation事業を開始 JJIと武田薬品がスポンサーで参画

 湘南ヘルスイノベーションパークは、アカデミアやベンチャー企業が有するシーズや技術を育成するIncubation事業の最初のイニシアチブを開始したことを発表した。この事業は、有望なシーズや技術を持つアカデミアやベンチャー企業を発掘・育成することを目的として実施するもので、「シーズ・技術の選定」、「研究サポート」、「Exitの協力」の大きく3つフェーズから構成されている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略 研究開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、湘南アイパーク)の取り組みに、ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーション(以下、JJI)と武田薬品工業のニューロサイエンスドラッグディスカバリーユニット(以下、「武田薬品」)が初のスポンサーとして参画。

 今回のイニシアチブは、「シーズ・技術の選定」と「研究サポート」のフェーズで、JJIと武田薬品は、それぞれのフォーカス領域に沿って選定した有望なアカデミアやベンチャー企業に対し、資金援助と創薬研究開発ノウハウ提供を行うものだという。また、湘南アイパークは、研究施設を一定期間、無料または格安で貸与し、知的財産コンサルティングや薬事・臨床サポートといったサービスも提供する。

湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)

 湘南アイパークは、サイエンスにおけるイノベーションを強化するために、武田薬品工業が湘南研究所を開放することにより設立。製薬企業が有する創薬ノウハウを基盤として、ベンチャー、スタートアップを含む産官学が結集し、ライフサイエンスにおける最先端技術・知見を活用したアイデアの創出・実現を可能とするイノベーションを加速化することを目指している。

JJI、湘南アイパークと共同で「病のない未来」実現のための研究提案を公募

 ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーションは、本日、武田薬品工業および湘南アイパークと共同で、「『病のない未来』実現のための研究提案公募(World Without Disease Call for Proposal)」を開始すると発表した。この研究インキュベーション事業は、日本のライフサイエンス業界において、ヘルスケア・イノベーションを促進することを目的としたもの。

 応募者の中から、日本国内に在住し、特に革新性の高いサイエンスまたは技術を有する最大5件の提案を選出し、それぞれの受賞者に研究助成金、湘南アイパーク内のラボとオフィススペース、またジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーションおよび湘南アイパークの専門家によるメンタリングやコーチングを提供するといしている。