ウェザーニューズとトヨタ、IoTとビッグデータで気象予測の精度とドライバーの安全向上を目指す研究実施

 ウェザーニューズとトヨタ自動車(以下、トヨタ)は、ウェザーニューズが持つ気象データとトヨタのコネクティッドカーから得られる車両データを活用して、気象観測・予測の精度向上やドライバーの安全向上を目指す共同研究を実施する。その一環として、ワイパーの稼働状況と気象データから道路及びその周辺の状況を把握するための実証実験を、東京都・大阪府・愛知県の3都府県で、11月1日より開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT ビッグデータ 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の実証実験では、対象地域を走るトヨタのコネクティッドカーのワイパー稼働状況をマップに可視化し、実際の気象データと照らし合わせる。ワイパーの稼働状況は主に降水の有無と対応するため、ワイパーデータの活用により、一般的な雨雲レーダーでは捕捉できない降水状況の把握が期待できるという。実証実験では、ワイパーデータと気象データとの関係を詳細に分析し、降水のほかにも、ワイパーの稼働に影響を及ぼす現象を捉えることを目指す。

 両社は、本共同研究を通して、気象データとコネクティッドカーから得られる車両データを「いざという時に役に立つ」情報として広く提供し、ドライバーのさらなる安全に寄与することを目指すとしている。