SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

実践企業に聞くサーキュラーエコノミー

なぜスターバックスのパートナーは主体的に動けるのか──「さりげない言動」と「ありがとう」の相乗効果

ゲスト:スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 伊藤真也氏、鈴木浩美氏、鎌田有実氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

お客様の「ありがとう」が環境への意識を自然と変える

大山:パートナー同士のコミュニケーションや、仕事の中で自然に気づきがもたらされて、最終的に1年経ったら環境への意識が高まっているといった感じなのですね。

鎌田:そうですね。それからスターバックスではタンブラーやマイマグカップを持参してくれたお客様には20円割引をしています。でも時には割引だけでなく、自身の行動が環境に貢献することに満足感をおぼえるお客様もいらっしゃるんです。そんな時に言われる「タンブラーを勧めてくれてありがとう」などの言葉に、パートナーがうれしくなって、また別のお客様にお勧めしてみるようなこともあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
実践企業に聞くサーキュラーエコノミー連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング