SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

藤幡正樹氏に聞く、21世紀の教養とは

未来を展望するアーティストの力──メディアアーティスト藤幡正樹さんが欧州で学んだこと

ゲスト:メディアアーティスト 藤幡 正樹氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

なぜ日本にはザハ・ハディドの建築がひとつもないのか?

 街と文化の関係について語る語る藤幡氏は、国立競技場の建て替えについて、当初のザハ・ハディドのプランを実現できなかったことをいたく残念がった。

ザハ・ハディドを最初に見出したのは磯崎新さんなんだけど、結局日本には彼女の建築がひとつもない。

建築というのは、その街やコミュニティのアイコンとなるべきものです。新国立競技場のプランに対しては景観を心配する声も多かったけれど、何かを建てれば景観が変わるのは当然です。どうせ変わるなら、どこにもないような新しいものを建てればよかった。ザハの案ではスロープを歩いて登っていくと東京が全部見渡せるようになっていて、実現すれば本当に東京のアイコンになったでしょう。

彼女の建築は、一体どうやって建てたのか分からないような形をしています。こういうものを作るのは、当然お金がかかるんですよ。だけど、そういう難問を解いていくところにアーティストに対する尊敬があるわけです。そして、それがモノとして残り、僕らはそれを見るたびに、彼女が投げかけた謎を考える。そこに未来が見えてくるんです

Tokyo New National Stadium © Zaha Hadid Architects

 日本人が新しいものを創造するアーティストを尊重しないという現状について、藤幡氏は「仕方ない面もある」と語る。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
藤幡正樹氏に聞く、21世紀の教養とは連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング