SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

実践企業に聞くサーキュラーエコノミー

レシピのグローバルなデータ共有、食材と体験の地産地消──外食産業のニューノーマルはアンバンドルから

【Vol.2】ゲスト:株式会社シグマクシス 田中 宏隆氏、岡田 亜希子氏、福世 明子氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

FoodTechを武器にするシェフの進化とは

田中:変化に気づき新たな道を切り開いているシェフもいます。自分の料理方法、火加減や加熱時間、調理のステップや仕込みのステップをフードロボットやベンディングマシーンに組み込めば、まるでアバターのように「自分の味」が作れるのではないか、と。CREATORというサンフランシスコ発のハンバーガーロボットの作るハンバーガーは非常に美味しいのですが、調理工程にミシュランスターのシェフの技が入っているというのは大きな理由でしょう。

Burgers Made by Our Robotic Culinary Device Start to finish

大山:スキルのあるシェフは、外食産業以外の分野でも活躍の道が出てきているということですね。これまでだったら、シェフはミシュランスターを取ることが目標でした。でも、食事・料理と文化の関係を考察する「ガストロノミー」という考え方が出てきて、必ずしも星を取ることがベストではないとするシェフも出てきていると聞きます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
実践企業に聞くサーキュラーエコノミー連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング