Biz/Zineニュース

グルーヴノーツ、神戸市「STOP COVID-19 × #Technology」に採択 街を可視化

 グルーヴノーツは、神戸市より、同市が実施するプロジェクト「STOP COVID-19 × #Technology」に採択され、全国自治体で初めて「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス、CaaS)」に関する実証実験を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT スマートシティ AI・機械学習 COVID-19 City as a Service

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グルーヴノーツは、これまで培ってきたテクノロジーの力と着想を活かし、様々なデータ提供/街づくりパートナーと連携して「街」を舞台にビッグデータ/AI/量子コンピュータを活用することで、快適で豊かな都市サービスを創出する「City as a Service」の取り組みを進めている。

 「街」は、企業活動や個人生活の実態をあらわす経済圏として、有効な指標になる。その街に関する異なる切り口の様々なデータを収集・分析できるようになることで、印象や感情にとらわれるのではなく、活動拠点や居場所など自らを取り巻く環境の状況を正しく把握し、客観的・中立なデータに基づき仮説検証や判断を行えるようになるという。

 グルーヴノーツは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として神戸市と協働することで、ビッグデータから街の状況の見える化、人の密集度合いやモノの販売動向等に関する分析やシミュレーションモデル等の作成・提供を通じて、地域の実情に応じた感染防止や経済活動の維持に貢献していくとしている。

神戸市の「STOP COVID-19 × #Technology」について

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、市民生活および市役所内の業務において新たな課題が発生している中、全国のスタートアップから新型コロナウイルス対策となり得るテクノロジーや提案を募集し、審査により選ばれたスタートアップへは開発支援金(上限50万円/件)を提供、市民によるテスト利用や市役所業務の中での試行導入・実証実験を経て、成功したモデルは神戸市で実装までを行う取り組み。

City as a Service

実証実験の概要:「STOP COVID-19 × #Technology」

  • 所管:神戸市 企画調整局つなぐラボ、事業者:株式会社グルーヴノーツ
  • テーマ:ビッグデータの活用・分析により地域の実情に応じた感染防止や経済活動の維持に貢献
  • 採択理由:新型コロナウイルス感染拡大防止とともに今後の街の回遊性・混雑度、経済分析に効果があると認められるため
  • 想定する実証実験:神戸市が持つ人流データ等を提供し、グルーヴノーツの「City as a Service」で活用するデータをかけ合わせ、人流や経済に関するデータ分析・可視化を実施。AIにより感染拡大防止のための人・モノの流れの最適化を行う。