Biz/Zineニュース

NTTデータ、デザイナー集団の新ブランド「Tangity」を創設

 NTTデータは、2020年6月、サービスデザイン領域におけるデザイナー集団の新ブランド「Tangity(タンジティ)」を立ち上げたことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サービスデザイン 事業開発 企業戦略 デザイン経営

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータグループでは、サービスデザインを実践する場としてデザインスタジオ(16拠点)を運営し、各スタジオをつなぐネットワーク(NTT DATA Design Network)を構成しながら、人材・ノウハウの共有を進めてきた。また、各国の金融機関、製造・流通業、官公庁をはじめとした幅広いお客さまとともに、新規サービスの企画・開発を進めてきた。2020年6月より、NTT DATA Design Networkに所属するデザイナー集団の新ブランド「Tangity」を立ち上げ、日本・イタリア・ドイツ・イギリスの4カ国で利用を開始する。新ブランド立ち上げに伴うスタジオ間の連携強化により、UX-UIをはじめとするサービスデザイン領域のデザイナーの育成・獲得、デザイナーによるお客さま・社会への提供価値の最大化を図るとしている。

Tangity

 今後、NTTデータグループは、2020年度中にデザイナーを700名まで増やし、サービスデザイン領域の一層の強化を目指すという。

 昨今、企業の事業創出において、ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)を意識した「サービスデザイン」の重要性が急速に高まっている。デザインマネジメント国際団体のDMI(Design Management Institute)の研究発表「Design Value Index 2015」においても、『「デザイン」を重視する企業は、その他の企業に比べて2倍の成長を遂げている』と報告されている。

 NTTデータグループでは、サービスデザイン領域を実践する場としてデザインスタジオ(16拠点)を運営し、各スタジオをつなぐネットワーク(NTT DATA Design Network)を構成しながら、各国における人材・ノウハウの共有、グローバルの先進事例の活用やプロジェクト連携を進めてきた。また、各国の金融機関、製造・流通業、官公庁をはじめとした幅広いお客さまとともに、新規サービスの企画・開発を進めてきたという。

 そして、今回、UX-UIをはじめとするサービスデザイン領域のデザイナーの育成・獲得、デザイナーによるお客さま・社会への提供価値の最大化を目的として、2020年6月、NTT DATA Design Networkに所属するデザイナー集団の新ブランド「Tangity」を立ち上げることを発表した。

 「Tangity」は、NTT DATA Design Networkに所属するデザイナー集団の新ブランド。実体があることを意味するTangibleを語源とし、今後より無形化・複雑化するデジタルビジネスについて、人にとってわかりやすく手触り感のあるものを作り上げていくことを意図して名付けたのだという。

Tangity

NTTデータのサービスデザイン領域の特長

 NTTデータグループでは、グローバルで人材・ノウハウを共有しながら、顧客のビジネスをサービスデザインの視点から支えている。今回、新ブランド「Tangity」の立ち上げに伴い、各国で一層協調しながら活動を進めていくのだという。

共通のメソドロジー

 サービスデザイン領域において、グローバル統一のメソドロジー(方法論)を体系化。また、各国のニーズを充足する形でカスタマイズできる形で展開している。

多様なチームメンバー

 デザイン・ビジネス・技術などの専門家が各国のデザインスタジオに所属しており、さまざまな顧客のニーズに応える体制を整えている。

幅広い事例・ノウハウ

 グローバルの成功事例を収集・共有することで、自国の顧客への還元を促進している。日本では、2018年に東京・六本木にてデザインスタジオ「AQUAIR」を開設。顧客のビジネスの企画からプロトタイピング・実証実験までをシームレスに実践する場として、プロジェクト活動や各種イベントを実施。今後は「Tangity」の一員として、デザインスタジオを活用しながらサービスデザイン領域の活動を展開していくのだという。

今後について

 今後、NTTTデータグループは、NTT DATA Design Networkの取り組みを強化するとともに、新ブランド「Tangity」を展開しながらデザイナーを育成・獲得し、2020年度中に700名まで増やすことを目指すという。