Biz/Zineニュース

DAC、企業のDX推進に特化した技術開発の専門組織「福岡テクノロジーラボ」を九州に新設

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進支援を強化するため、九州支社にDX推進に特化した技術開発の専門組織「福岡テクノロジーラボ」を新設した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DACは、インターネット広告の黎明期である設立当初より、広告配信ソリューションなどのアドテクノロジー開発に注力している。近年ではソーシャルCRM(カスタマー・リレーション・マネジメント)を支援する「DialogOne」やDMP「AudienceOne」を開発・提供し、CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)と組み合わせた提案などを通じて、主にマーケティング活動やCRMの領域における企業のDX推進をサポートしている。

 今回、これまでの知見と実績を踏まえ、九州支社内にエンジニアを主体とした「福岡テクノロジーラボ」を設置し、最新テクノロジーやノウハウ(AI、クラウド、CDP等)を活用したサービスの開発・提供を行っていくという。