SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営戦略としての知財

知財部不在のM&Aの問題点──「コーポレートガバナンス・コード」と「IPランドスケープ」の意外な関係

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

知財情報を含めない経営分析の問題点とは

 この種のM&Aに知財部門が全く関与しない、しかも社内での連絡や相談もなく、新聞でM&Aを知るなどということは本来起こりえないはずだ。しかし実際に起こっているということが、まさに経営と知財部門の距離が離れている典型例だろう。

 以上はM&Aの話であるが、アライアンスを検討する際の視点も、結果として企業の独立性を保つか否かという違いを除けば同様である。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営戦略としての知財連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

杉光 一成(スギミツ カズナリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング