SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営戦略としての知財

知財部不在のM&Aの問題点──「コーポレートガバナンス・コード」と「IPランドスケープ」の意外な関係

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

経営企画に必要な「IPランドスケープ」を活用した経営判断

IPランドスケープ

 ここまで述べてきたように、経営分析のすべてにおいてIPランドスケープが活用でき、いかに知財情報が経営判断に必要なデータであることがおわかりいただけただろう。コーポレートガバナンス・コードとの関係でも、経営判断の客観的なエビデンスとなる点もご理解いただけたのではなかろうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営戦略としての知財連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

杉光 一成(スギミツ カズナリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング