Biz/Zineニュース

「LegalForce」と「GMO電子印鑑Agree」がサービス連携を開始 契約書管理を一元化

 LegalForceとGMOクラウドは、AIによる契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」(LegalForce提供)と、契約の締結から管理までをクラウド上で実現する電子契約サービス「GMO電子印鑑Agree」(GMOクラウド提供)のサービス連携を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 法務 電子契約

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連携により、「LegalForce」と「GMO電子印鑑Agree」を利用する企業の法務担当者は、契約書の作成・レビューから、契約の締結・管理までをクラウド上でシームレスに行うことが可能となる。

電子契約契約業務において、「LegalForce」と「GMO電子印鑑Agree」が担う領域

 「LegalForce」は、AIによる契約書の自動レビュー機能を搭載した、クラウド型契約書レビュー支援ソフトウェア。一方、「GMO電子印鑑Agree」は、契約の締結から管理までをワンストップで行える、クラウド型の電子契約サービス。

 企業の法務担当者における業務課題の解決を支援する両サービスのユーザーからは、「『LegalForce』でレビューを行った契約書をそのまま電子契約で締結したい」、「電子契約を行う前に生じる、契約書の作成や契約リスクを検出するための契約内容の確認業務(レビュー)も効率化できないか」といった、より一層の業務効率化を望む声が寄せられていたのだという。

 これを受けLegalForceとGMOクラウドは、企業の法務担当者のさらなる業務効率化を支援するべく、ビジネスにおける契約書作成から契約の締結・管理までの業務を一気通貫して行えるよう、「LegalForce」と「GMO電子印鑑Agree」を連携することになったと経緯を述べている。

次世代型クラウド契約書管理システム「Marshall」と「GMO電子印鑑Agree」の連携も予定

 両社は、LegalForceが2020年8月5日にオープンβ版の提供を開始した、次世代型クラウド契約書管理システム「Marshall」と「GMO電子印鑑Agree」の連携を、2021年以降に予定している。本連携により、「GMO電子印鑑Agree」で契約締結した文書を「Marshall」上でも管理することができるようになる予定。