SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営参謀としてのCFO

なぜ「管理会計」が共通言語なのか──CFOによる「予予分析」の導入と「非財務価値」の向上

ゲスト:スリーエム ジャパン株式会社 代表取締役社長 昆政彦氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

資本コスト経営を機能させるためにCFOが発揮する手腕

大塚:予実分析ではなく「予予分析」という言葉は昆さんの造語とのことですが、「予予分析」に関してもう少し詳しく聞かせてください。

昆:コーポレートガバナンス・コードの改訂でも、資本コスト経営が推奨されています。「資本コスト経営」とは、企業の資金調達に伴うコストである「資本コスト」を上回るパフォーマンスを出して、株主などに価値を還元していくことを意識した経営です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営参謀としてのCFO連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング