SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

Relic、MATCHAとの協業によりグローバル対応の越境クラウドファンディングサイトをリリース

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Relicは、MATCHAと協業し、日本の観光産業の未来をつくるために、来たる訪日外国人と観光事業者を繋ぐ海外向け越境クラウドファンディングサイト「Japan Tomorrow」を2020年10月1日より開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Relicが提供する国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディング構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」(以下、ENjiNE)は、これまで国内の大手・優良メディアや大手メーカー・大手小売業を中心に豊富な導入実績があり、導入企業/サイト間で相互集客やプロジェクト/商品の同時掲載が可能となる業界初のネットワーク型クラウドファンディング・ECプラットフォームとして展開してきた。

 今回のMATCHAとの協業により、4言語に対応した越境購入型クラウドファンディングサイトをリリースする。プロジェクトを掲載する日本企業や観光事業者はコストやリスクを抑えた上で、欧米・東南アジアに対する越境でのクラウドファンディングやEC、インバウンドにおける誘致や集客、テストマーケティング・PR等を多面的に展開することが可能となるとしている。

 世界的な新型コロナウイルス感染症拡大により、訪日外国人客が前年同月比で99.9%減となったインバウンド-99.9%の影響は日本の観光産業に関わる企業や観光事業者に多くの危機的な状況を引き起こし、未だに厳しい状況が続いている。

 しかし、224の国と地域からアクセスされる国内最大級の訪日観光メディアを運営するMATCHAには、国をまたぐ往来が制限されている中でも、「日本に行きたい」という声が毎日のように届いており、日本を旅することを、心の底から楽しみにしている人達がいるのだという。

 これから日本に来る訪日外国人の方々には、想像を超える素晴らしい体験をしてもらいたい。そんな中、今こそ日本の価値ある文化を掘り起こし、「行きたい」と「来てほしい」を繋ぐことができるプラットフォームを作れたら。そのような想いから、「想いなら、海を越えられる。」をコンセプトに、「Japan Tomorrow」のリリースに至ったと協業の背景を述べている。

Japan Tomorrow

Japan Tomorrowの特徴

 Japan Tomorrowでは、「人生を変える原体験」を提供するプロジェクトを中心に、「世界からの災害支援」や「日本×世界のコラボ」を応援するプロジェクトが並ぶ。これから海外向けにプレミアムな旅行商品を醸成していく際のテストマーケティングや、顧客との関係性育成のためのロイヤルマーケティングツールとしても活用が可能。日・英・中国語繁体字・タイ語の4カ国語に対応しており、多言語・多国展開が同時に実現できるクラウドファンディングとなっている。

 過去10,000記事以上を作ってきたMATCHAのメディアノウハウを活かし、海外の方に刺さるコンテンツの作り方をサポートしながらプロジェクトを成功に導くのだという。具体的には、月間340万UU、660万PVの日本最大級の訪日外国人向けWebメディアMATCHAから、各クラウドファンディングプロジェクトに相互送客をすることが可能になる。

リリース時の掲載プロジェクト紹介

(1)NIPPONIA 小菅 源流の村

Japan Tomorrow

  • 起案者:株式会社さとゆめ

(2)田辺市熊野ツーリズムビューロー 熊野古道

Japan Tomorrow

  • 起案者:田辺市熊野ツーリズムビューロー

(3)SEKAI HOTEL Fuse

Japan Tomorrow

  • 起案者:SEKAI HOTEL Fuse

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング