Biz/Zineニュース

旭化成、新型コロナウイルス感染症対策ソリューションの事業化に向けた取り組みを本格化

 旭化成は、高出力殺菌用深紫外線LEDの技術や、センサー、画像編集技術を組み合わせた新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)対策ソリューションの事業化に向けた取り組みを本格的に開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略 COVID-19

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COVID-19対策ソリューションの事業化に向けた取り組みについて

 旭化成マーケティング&イノベーション本部(以下「M&I本部」)は、社内外とのコネクト(連携)を進めながら事業部門の枠を超えてグループ全体の強みを発揮できる事業分野を創出し、総合力でマーケットに価値を提供することを目指している。

 M&I本部では、センサーによってCO2濃度や温熱等の状態を把握し、快適な教育環境を探る実証実験や、高出力殺菌用深紫外線LEDを使用した流水殺菌の事業化等に取り組んでいる。また、今般の世界的なCOVID-19感染拡大に伴い、それらの技術を活用した3密対策や殺菌用途に注力し、COVID-19によるさまざまな課題へのソリューションとして事業化のスピードアップを進めている。

(1)高出力殺菌用深紫外線LEDのCOVID-19に対する有効性確認

 旭化成のグループ会社であるCrystal IS(以下:「CIS」)がBoston University National Emerging Infectious Diseases Laboratories(以下、ボストン大学 NEIDL)との共同研究において、CISが製造・販売する深紫外線LED 「Klaran」による新型コロナウイルス不活化および、「Klaran」の発光波長である260-270nmの有効性について確認。

 「Klaran」は、旭化成グループが有する窒化アルミニウム単結晶基板製造技術、膜結晶成長技術により、細菌やウイルスの不活化に最も効果が高いとされる発光波長(260-270nm)の帯域において世界最高出力を実現している。今回のボストン大学 NEIDLとの共同研究によって、「Klaran」が発光する260-270nmの波長が、これまで論文等で確認されている280nmの波長に比べ、より少ない紫外線照射量で新型コロナウイルスを不活化させることが判明したという。

 この結果により、「Klaran」を使用することで多くの環境・機器における効果的な殺菌機能の構築が可能になると期待されている。旭化成では、従来の流水殺菌用途に加えて、表面殺菌用途への拡大を推進する。

(2)3密見える化ソリューションの試験販売の開始

 環境センサーとライブカメラを用いた3密見える化ソリューションは、換気によるCO2濃度の降下やソーシャルディスタンス保持の様子を明らかにするもの。本年7月より、京都府京田辺市役所において実証実験を実施し、インターネット経由でリアルタイムに安定配信した実績を得られたため、このたび試験販売することを決定した。

 本製品は、CO2濃度計測機能を搭載した環境センサーとプライバシー問題を解決したライブカメラ「透け撮るんSKETOLN」を組み合わせることで、3密(密閉・密集・密接)の見える化を実現し、より安全な環境づくりに取り組む施設・店舗運営に貢献することで、集客の一助となることを目指している。また、CO2濃度が基準値を超えたときにメールで管理者に通知する機能を備えているため、3密対策の促進にも活用が期待される。

タイトル施設に設置される環境センサーとライブカメラを用いた3密見える化ソリューションの画面イメージ