Biz/Zineニュース

楽天、西友、横須賀市、国内初の自動配送ロボットの公道走行によるスーパーからの商品配送サービスを実現

 楽天、西友および横須賀市は、同市内の馬堀海岸地域において、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)が「西友馬堀店」で取り扱う商品を配送するサービスを、3月23日から4月22日まで、期間限定で提供する。自動配送ロボットが公道を走行してスーパーの商品を地域住民に配送するのは、国内初の試み。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このサービスは、対象地域の住民が、専用のスマートフォン向けの注文サイトから商品を選択し、配送先住所と配達時間帯を指定して注文、もしくは「西友馬堀店」で購入した商品をサービスカウンターに持ち込んで配送を依頼することで、手数料無料で利用可能となる。自動配送ロボットが注文客の自宅の前に到着すると、自動音声による電話で到着を通知。注文客は、自動配送ロボット側面の操作パネルに暗証番号を入力して扉を解錠することで、商品を受け取ることができる。なお、自動配送ロボットの走行中は、同地域から約5km離れた「横須賀リサーチパーク」から、自動配送ロボットを遠隔監視するという。

 楽天、西友および横須賀市は、2019年に横須賀市が推進するスマートモビリティを活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環として、自動配送ロボットやドローンを活用した一般利用者向け配送サービスを期間限定で提供している。また、楽天と横須賀市は、2020年11月に包括連携協定を締結し、自動配送ロボットやドローンによる無人配送を通じた地域課題の解決に向けて連携を深めている。

 このサービスは、2020年12月に同地域で実施した公道走行実証実験を経て、自動配送ロボットが安全に公道を自動走行できることを確認し、実現した。

 3者は、自動配送ロボットなどの新たなテクノロジーによるイノベーションとデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、スマートモビリティを活用した地域課題の解決を推進していくとしている。