SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NTTデータとファイザー、臨床研究における業務効率化に向けた共同研究を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NTTデータとファイザーR&D(以下、ファイザー)は、国立がん研究センター東病院と臨床研究における臨床データの収集およびデータ品質点検の効率化に向けた共同研究を2021年7月から開始する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この共同研究では、電子カルテのデータを国際標準に準拠して効率的に変換・転送するソリューションを開発し、重複する入力作業とデータ点検作業の大幅な軽減を含む医療機関・製薬企業双方に有益な新しい臨床研究の仕組みの実現を目指す。この治療と臨床研究の橋渡しは国際的に関心をもって取り組まれている課題であり、今回、国立がん研究センター東病院が協力医療機関として共同研究を推進するという。

 両社は、共同研究によりデジタル技術を活用した新たな取り組みを加速させ、患者に貢献していくとしている。

共同研究について

  • 研究目的:電子カルテ等のデータを臨床研究システムに電子的に連携する手法を開発するとともに、その運用について研究し、臨床研究関連業務の効率化を図る。
  • 研究概要:医療機関内で電子カルテに由来する臨床データをNTTデータが開発したソフトウエアを用いて臨床研究報告用データに変換し、CDTサービス等のプラットフォームを用いてファイザーが管理するEDCに転送・登録を行う。また、一連のプロセスを通して、電子カルテ等に保存されているデータを臨床研究等へ利活用する際の技術的・運用上の課題を抽出する。NTTデータ、国立がん研究センター東病院、ファイザーR&D合同会社は課題の克服に向けノウハウを提供し、解決に向けた共同検討を行う。
  • 研究期間:2021年7月から2021年12月まで

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング