SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NTTドコモら3社、マーケティングや人流解析に活用可能なIoTカメラの提供で協業開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NTTドコモ、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)、MOYAIの3社は、マーケティング、人流解析、監視などを目的とし、配線工事が不要かつ短期間で導入できるIoTカメラソリューションの提供について協業を開始。2022年春の提供開始を予定している。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本ソリューションは、MOYAIのLED一体型ネットワークセンサー「IoTube(アイ・オー・チューブ)」に、ドコモの4Gネットワーク回線のSIMカードを組み込んだもの。ネットワークを通して収集した動画のリアルタイムな閲覧や、AIによる動画解析を短期間で実現するプラットフォームサービスだという。CTCは、データの保管やデバイスマネジメント、閲覧インターフェイスの開発に加えて、本プラットフォームのサービス運営を担うとしている。

 また、IoTubeは、既存の蛍光灯と取り換えるだけで店内や車両内などの様子を撮影することができるため、電気・配線工事のコストが不要だという。さらに、本協業で開発するプラットフォームは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を用いて、動画データの確認やダウンロードを実施することが可能。加えて、マイク・スピーカー機能を利用すれば、緊急時に双方向の通話も可能だとしている。

 たとえば、小売店に来店した顧客の属性分析や動線分析を行うことで、商品の仕入れや陳列、店舗設計などのマーケティングに本ソリューションを活用することが可能。また、各車両内の混雑度合いを把握し、乗客のモバイル端末に混雑状況をリアルタイムに配信することで、「3密」の回避にも貢献するという。

 3社は今後、IoTセンサー技術を利用した機能のさらなる拡充を図り、企業のDXに貢献するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング