SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

損保ジャパンのDX推進部長が語る、「社内風土改革から社会変革までを“両利き”で進める」DX戦略の全貌

Biz/Zine Day 2022 Winter レポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「両利きのDX」を実現する3つの軸

 では、数々のプロジェクトを擁するDX1.0~4.0を、どのような体制を以て実現するのだろうか。損保ジャパンは以下の3つを体制の軸として、大規模なDX推進にあたっている。

1.アジャイル開発体制

 これまで、保険という金融のセキュリティ基準を保つためには、最初から要件をすべて定義して開発を行うウォーターフォール型が一般的であった。しかし、商品の体験価値を高めるためには顧客のフィードバックが重要で、これには柔軟なアジャイルの開発体制でないと対応できない。そこで、後述のCoEや社内のデジタル開発人材が現場とともになって、保険のセキュリティ基準と顧客ニーズ対応の両立を実現するためにアジャイル化を進めていくという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング