SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

サイバーエージェントとNVIDIA、3DCG技術の拡充・デジタルヒューマン開発を目指し協業開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 サイバーエージェントとNVIDIAは、デジタルヒューマンの開発および3DCG技術の拡充、コンピューティングインフラストラクチャ構築を目的に、協業を開始した。

 同協業では、「NVIDIA Omniverse」などを活用してデジタルヒューマンの研究開発を加速。また、日本市場の固有ニーズに対応した3DCG技術の共同研究を行うことで、AIでクリエイティブの新たなステージを切り拓き、ビジネス機会の創出を目指すという。

 取り組み内容は以下のとおり。

「NVIDIA Omniverse」を活用したデジタルヒューマン事業開発

 デジタルヒューマンにおける開発では、顔や体を高精細に表現するCG技術、発話映像と音声を同期するリップシンク技術、そして、膨大なパターンのコンテンツ生成が必要。サイバーエージェントは、「Omniverse」および「Omniverse Audio2Face」を活用することで、実在する著名人のデジタルアバターのクリエイティブ制作や自然な発話を実現し、多種多様な広告の生成を目指すという。

「Omniverse Audio2Face」の日本語対応における共同研究

 「Omniverse Audio2Face」を日本語の自然言語処理や音声合成と結び付けるため、両社は今後、日本語対応の共同研究についても視野に入れる。日本語の形態素解析や感情分析をもとに「Omniverse Audio2Face」を日本語対応させることで、デジタルヒューマンの日本語発話の精度向上を目指すとともに、高度なデジタルヒューマンの実現への道筋となることを期待するとしている。

高品質なデジタルヒューマン開発に向けたAI開発環境の構築

 高品質なデジタルヒューマンの開発を加速し、様々な領域における高度なAI開発を推進するためには、十分なパフォーマンスを提供できるエンタープライズ規模のコンピューティングインフラストラクチャが必須。両社は、「NVIDIA Omniverse Enterprise」の活用をはじめ、AI開発環境の構築においても協業していくという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング